神社はちみつ販売中

当宮では境内地でミツバチを育てています。

今年の4~6月、採蜜したはちみつを全て神様に奉納いたしました。

この度、そのはちみつを「お宮でとれました」という名前で販売いたします。

自然あふれる当宮周辺

備前国総社宮のある岡山市中区祇園は豊かな自然に囲まれています。当宮の北側には龍ノ口グリーンシャワーの森が広がり、春には百間川せせらぎ広場にたくさんの桜が咲き誇ります。また水がとてもきれいで、水草の揺らめく近くの川には、国指定のの天然記念物である「アユモドキ」という魚が生息しております。

 


はちみつが出来るまで

1.お祓い

ミツバチたちが活動を始める3月上旬、ミツバチたちの安全祈願を願って、道具と共にお祓いをします。

2.育成

働きバチたちの健康状態に問題がないか、女王バチに異常がないかなど、ミツバチたちが元気に活動できるよう気を配ります。


3.採蜜

糖度が十分に上がり、蜜蓋されたものを採蜜します。この時点での糖度は82度。ここまで糖度が高いと腐ることはありません。

4.瓶詰め、ラベル貼り

当宮のはちみつは採蜜したその場で瓶詰めを行います。これにより、採れたての風味をそのまま閉じ込めることができます。その後ラベルを貼ります。


5.奉納

瓶詰めやラベル貼りが出来た段階で神様にご奉納します。無事に採蜜できたことの感謝とともに。神様が召し上がったはちみつには御神徳があります。

6.販売

これでおかげのある神社はちみつが完成です。当宮の社務所にて販売しております。


社務所にて販売中

今年のはちみつは上々の仕上がりです。

4月はほのかに桜の風味があり、5月は濃厚、6月はすっきりとした味わいになるです。

 

1本 250グラム 2,500円(税込み、玉串料込み)

 

社務所にて販売しています。

お問い合わせは当宮まで。

※武部宮司の兼務社である 小島神社(岡山市中区原尾島1-7-39)でも販売しております。


関連ページ


山陽新聞「緑豊かな境内で蜂蜜作り」
山陽新聞「緑豊かな境内で蜂蜜作り」

バナー「神輿修理のご寄付のお願い」


お問い合わせ先: 

電話: 086-275-7055

住所: 岡山県岡山市中区祇園596